ウルトラハンド

beforemario:コレクターに会う| ファブリスハイリグアップデートパート1

今日の投稿では、フランスの任天堂コレクターであるファブリス・ハイリグのコレクションを再訪します。 ファブリスは最初のコレクターの一人でした このブログで紹介されました、2012年にさかのぼります。 当時、ファブリスはすでに豊富なコレクションを所有しており、多くのトランプセットを含む、任天堂のヴィンテージのおもちゃやゲームを幅広く取り揃えています。 京都第2任天堂事務所前のファブリス(2019) こ […]

beforemario:コレクターに会う| ファブリスハイリグアップデートパート2

の このスペシャルのパート1 コレクターに会う アップデート、ファブリスの素晴らしく実行された夢のアイデアを紹介しました。任天堂の京都での生まれ故郷をモデルにした、彼の裏庭に任天堂カードコレクション専用の場所を建てることです。 さあ、中を見てみましょう! ファブリス:「ご覧のとおり、私のカードコレクションは以前から本当に増えています コレクターに会う 2012年に投稿。 私はまだアイテムを見つけま […]

1960年代の任天堂のトランプ

少し前に、 任天堂のトランプのサンプルブックについて投稿しました、1960年代後半に任天堂が販売したさまざまなトランプを紹介しました。 この本には、提供されているセットごとに1枚のカードが含まれています。 今日は、サンプルブックと一緒に実際のセットのいくつかを共有するのは楽しいだろうと思いました。 さまざまなカードデザインに加えて、これは使用されているさまざまなケースの形状を示しています。 ますま […]

アメリカの新聞で任天堂が最初に言及された(1931年)

下の画像は、米国の新聞に任天堂の会社名が最初に登場したことであり、おそらく日本国外で最初に言及されたものです。 のセットが表示されます Hanafuda 任天堂が制作した日本のトランプの一種(花札)。 会社名は、当時一般的だったように、右から左に読む方向に日本語の漢字で書かれています。 この発行の時点で、 Hanafuda 任天堂のパンとバターであ​​り、任天堂は日本で最も有名なトランプメーカーの […]

任天堂の会社ガイドの概要1999-2020

過去20年間、任天堂は(ほぼ)毎年新しい会社ガイドをリリースしています。 これらは、日本の任天堂本部内で何が起こっているかについてうまく設計された小冊子であり、多くの情報と多くの写真があり、そのほとんどはこれらのガイドで独占的に共有されています。 彼らは任天堂で働くことがどのようなものかについてのユニークな洞察を提供します。 過去に、私はこのブログでこれらの会社のガイドのいくつかをカバーしました、 […]

beforemario:任天堂カンパニーガイド2019

2019年、任天堂は、日本の任天堂の将来の従業員向けに作成された、(ほぼ)毎年の一連の小冊子の別の記事をリリースしました。 2018年の会社ガイドの変わった形の後、任天堂は2019年のガイドのより標準的な形式に戻りましたが、いくつかの小さな驚きがありました。 小冊子の大きさは25×17センチです。 64ページあります。 前面と背面は非常に淡い単色の白に見えます。 よく見ると、直角に、クリ […]

beforemario:任天堂ナポレオントランプ

任天堂の初期のトランプ製造の時代には、彼らは多くの異なるブランド名と商標を持っていました。 これは、市場シェアを獲得するために使用されるおなじみのマーケティング戦術です。 主要ブランドは ナポレオン、19世紀のフランス皇帝ナポレオンボナパルトにちなんで名付けられました。 任天堂が当時使用していた他のブランド名は 標準 と ビクター。 会社の最初の数十年で、任天堂は海外、特に米国からのより確立された […]