スーパーロボット大戦プロデューサーの寺田がシリーズのターニングポイント、外国人ファン、そして未来について語る


スーパーロボット大戦30スーパーロボット大戦30、の新しいゲーム スーパーロボット大戦 シリーズ30周年を迎えるシリーズは2021年10月28日に発売され、SRWシリーズプロデューサーの寺田隆信がメディアミックス誌コンプティークの2021年12月号のインタビューでゲームとシリーズの過去、現在、未来について語った。

英語の公式ウェブサイト: https://srw30-thirty.suparobo.jp/en/

(シリーズのゲームの多くは英語でリリースされていません:この記事では、利用可能な場合は公式の英語のタイトルを使用し、それ以外の場合は公式の日本語のタイトルを使用します)

寺田は、シリーズのどのゲームがターニングポイントであったかを尋ねられ、彼はいくつかをリストします:

  • ゲームのシステムの中核を成す大戦寺スーパーロボット大戦は、オリジナルシリーズ「魔装機神サイバスター」の登場も見ました。
  • 大戦寺スーパーロボット大戦はシステムを洗練させ、オリジナルの主人公、キャラクター、ロボットの登場が今のシリーズのベースとなった。
  • ダイ-4-ジスーパーロボット大戦Sは、バトルアニメの声優が登場しました。
  • マソウキシンサイバスター:エレメンタルの主はスーパーロボット大戦OGシリーズの起源でした。
  • スーパーロボット大戦αとアルファ外伝は、ロボットのアニメーションが改善され、ゲームシステムがより洗練されたものになり、将来のゲームの方向性が決まりました。
  • スーパーロボット大戦Aは、コンソールスタイルのSRWゲームがハンドヘルドでどのように機能するかを確認するためのテストでした。
  • スーパーロボット大戦αとスーパーロボット大戦Zは、プレイヤーが複数のロボットを1つのユニットとして制御できるシステムの導入を見ました。
  • スーパーロボット大戦Vやスーパーロボット大戦X-オメガなどのゲームでは、ゲームに含まれるシリーズの種類が拡大しました。

インタビュアーは、シリーズの30年でファン層が拡大したと語り、どのような人がゲームをプレイするのかを尋ねます。 寺田氏は、このシリーズが日本国外でも知られていることは知っていたが、東アジアの公式ローカリゼーションに対する反応には本当に驚いたと語った。

寺田氏は、これは日本のロボットアニメが世界中で広く受け入れられている証拠であり、イベントで外国のファンと話をしたとき、彼らは皆ロボットアニメとスーパーロボット大戦に非常に情熱的であることに気づいたと考えています。

次に、インタビュアーは、クロスオーバーストーリーの扱いは難しいに違いないと指摘し、寺田がプロデューサーとしてのストーリー作成過程でどのような問題に直面するのかを尋ねます。 寺田氏によると、スーパーロボット大戦には、原作では不可能な他のシリーズのキャラクター同士の相互作用が含まれているため、原作の感触を変えずに、常にシリーズ全体の味わいを表現しようとしています。



スポンサーリンク


そのため、できることもできないこともたくさんあり、これらの制限の範囲内でファンが楽しめるクロスオーバーを作るように努めています。 寺田氏は、ソース資料のスタッフからは思いつかなかったクロスオーバーのアイデアも得ていると語り、SRWスタッフよりもソース資料をよく知っていることを常に念頭に置いている。

最後に、寺田さんにSRWシリーズの今後の予定についてお伺いします。 彼らは現在もスーパーロボット大戦30に取り組んでおり、30の調査結果を見た後、将来について考えると彼は言います。

以下も参照してください。

スーパーロボット大戦30シリーズリスト、登場人物オリジナル




スポンサーリンク




引用元サイト

アメリカの日本ゲームカテゴリの最新記事